私たちの思い

地縁・血縁の消失、伝統的な宗教の弱体化など、現代社会は人と人との関係が貧困化しています。一方で生老病死は万人に等しく訪れ、人は変えられない出来事に直面します。こうしたスピリチュアルな問題に対し、かつては家族や地域で支え合ってきましたが、人間関係が貧困化した現代においては、個人として向き合わざるを得ない状況にあります。いわば現代社会は、一人ひとりが自らで生き方を見出し、一人ひとりが自らで死に方を見出す時代なのかもしれません。


1999年、世界保健機構(WHO)は健康の定義について、『身体的・精神的・社会的』の3つの領域に加えて、『スピリチュアル』な領域の追加を提案しました。最終的に健康定義の改正には至りませんでしたが、2002年にWHOが発表した緩和ケアの定義においても、『スピリチュアル』という言葉が用いられました。現在、緩和ケアの定義は、厚生労働省を始め様々な医療機関・学会などで引用されています。


日本スピリチュアルケア学会は、その設立趣旨の中でこう述べています。『本会は、すべての人々がスピリチュアリティを有しているという認識に基づき、医療、宗教、福祉、教育、産業等のあらゆる領域において、それぞれの分野が持つ壁を超越するかたちでスピリチュアルケアを実践することこそが、スピリチュアリティの深層の意味を問う作業であるという理念をかかげ、スピリチュアリティの理論的かつ実践的課題を解明することによって、現代に渦巻く様々な問題の解決に努めていこうとするものです。』(日本スピリチュアルケア学会HPより)


ORIZURUは、上智大学グリーフケア人材養成講座の受講生が集まって設立した任意団体です。私たちは、スピリチュアリティを『その人の価値観を支える内なる力』と表現しています。スピリチュアルケアを深く学ぶ者として、変えられない出来事に向き合うその人の態度を支え、『その人がその人らしく人生を歩むこと』に貢献して行きたいと考えております。そして、社会の様々な領域においてスピリチュアルケアを実践し、『こころを寄せ合い共に生きていける社会』の実現を目指して行きます。


活動内容

私たちは欧米では当たり前となっている ”生き方へのサポート/スピリチュアルケア“ を、日本にも取り入れていく活動を行っています。

Icon63

スピリチュアルケア研修

グリーフケア・スピリチュアルケア研修を企画・開催します。ご要望に合わせた研修プログラムをオーダーメードで作成します。
Icon66

グループワーク

スピリチュアルケア師がファシリテーションを行い、参加者の語りを通じてその人の中にある価値観・人生観を見出して行きます。

Icon71

ホスピス訪問

上智大学グリーフケア人材養成講座を修了したスピリチュアルケア師(日本スピリチュアルケア学会認定)がお話を聴かせて頂きます。

Icon74

ORIZURU Café

医療施設や寺院を訪問し、傾聴カフェを開きます。人材養成講座でスピリチュアルケアを学んだメンバーがお話を聴かせて頂きます。
Icon82

折り紙ワークショップ

折り紙を使ったワークショップを開催しています。皆様と楽しいひとときを過ごします。
Icon85

交流イベント

チャリティーイベントにブースを出展し、スピリチュアルケアの啓蒙を行っています。

活動記録

【2017年】

・第1回ワークショップ (2/15,16) 
・交流イベント:メンバー向け (2/19)
・第2回ワークショップ (3/22)
グリーフケア研修 (4/25)
第3回ワークショップ (4/26)
・第4回ワークショップ (5/18,19)
・第5回ワークショップ (5/23)
第6回ワークショップ (6/15,16)
・グリーフケア勉強会:公財B (7/6)
第7回ワークショップ (7/14)
交流イベント:メンバー向け (7/17)
グリーフケア研修 (7/25)
第8回ワークショップ (8/5,6)
グリーフケア勉強会 (9/23)
リレーフォーライフ2017東京上野 (9/30-10/1)
第9回ワークショップ (10/13,14)
第10回ワークショップ (10/24,25)
第11回ワークショップ (11/11,12)
第12回ワークショップ (11/22)
・交流イベント:講座生向け (12/1)
第13回ワークショップ (12/9,10)

ORIZURU 1st Anniversary(12/16)

・第14回ワークショップ (12/22)

任意団体 ORIZURU について

ORIZURUは、上智大学グリーフケア人材養成講座の受講生が集まって設立した任意団体です。

私たちは、グリーフケア・スピリチュアルケアに大切な スピリチュアリティ/ココロを伝える活動を通じて、“こころを寄せ合い、ともに生きていける社会” の実現を目指しています。

団体名 : 任意団体 ORIZURU

設 立 : 2016年12月14日

代 表 : 小林 正昭

      グリーフケア人材養成講座 3期生

メンバー: 14名 (2018年5月1日現在)

      グリーフケア人材養成講座 1-3期生

リエゾン: 1名


主な活動

・スピリチュアルケア師による訪問ボランティア

・グリーフケア、スピリチュアルケア研修の開催

・交流イベントの開催


研修実績

・2017年4月 グリーフケア研修(A社)

・2017年7月 グリーフケア勉強会(公財B)

・2017年7月 グリーフケア研修(C社)

・2017年9月 グリーフケア勉強会(一社D)

・2018年1月 スピリチュアルケア研修(E社)

・2018年2月 ワークショップ for business

・2018年4月 スピリチュアルケア勉強会(F社)

・2018年4月 グリーフケア研修(G社)

・2018年5月 ビジネスパーソン向け研修(H社)

・2018年6月 グリーフケア研修(I専門学校)


リンク

ORIZURU Facebook

上智大学グリーフケア研究所

あるウサギの物語

(ORIZURUワークショップ for businessより)

Image44
Image44
Image44
Image44
Image44
Image44
Image44


あるウサギと亀の物語

(グリーフケア研修より)

Image16
Image16
Image16
Image16
Image16
Image16
Image16
Image16
Image16

Icon54

ORIZURUに込めた思い

任意団体ORIZURU を作る少し前のことです。私たちはグリーフケア相談のボランティアスタッフとして、葬儀社さんの追悼式典に参加していました。

 その式典には、千代紙に亡き人へのメッセージを綴り、折り鶴を折り、大切に大切にお供えするご遺族の姿がありました。それはまるで、胸に秘めた言葉を折り鶴に託しているかのようでした。祈りと願いに溢れた、とても温かい追悼式典でした。きっと団体の名前はその時から決まっていたのでしょう。後のミーティングでメンバーの全員がオリヅルと口にしたのです。

 私たちはORIZURUと名乗ることにしました。「大切な人や大切なもの」と「こころ」が、繋がるように願いを込めて。


お問い合わせ

 

グリーフケア・スピリチュアルケア研修、各種ワークショップのご相談を承っております。

具体的な相談内容でなくとも構いません。先ずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

ご支援

【スピリチュアルケア・ボランティア】


スピリチュアルケア・ボランティアは

公益財団法人公益推進協会さまの

「2018年度 横寺敏夫 患者と家族の支援基金」

の助成を受けて活動してます。


ご寄附のお願い


ORIZURUは、
"人生や生き方へのサポートが日常に溢れる優しい社会"
をつくるために、皆さまのご寄附をお願いしております。
 
私たちに託して頂いたご寄附は、
スピリチュアルケア師によるホスピス訪問ボランティア、
傾聴カフェ、グリーフケア・スピリチュアルケア研修の活動費として、
大切に、誠実に、活用させて頂きます。
 
どうぞよろしくお願い致します。